まず、ルーレットの簡単なルールや特徴をご紹介します。ルーレットの歴史は古く、19世紀にフランスで生まれ貴族を中心に親しまれていました。ルーレットとは、フランス語で「小さな輪」という意味で、別名カジノの女王と呼ばれるほど代表的なゲームです。ルーレットはルールが分かりやすく、得られる配当が大きいことからカジノゲームの中でも特に人気が高くなっています。ルーレットでは、カジノディーラー(別名クルーピエ)によってルーレットのリール上に投げ入れられた球がどの数字で止まるかを予想して賭けます。ルーレットは数字単体に賭けるのはもちろん、インサイドベット・アウトサイドベットという様々なベットオプションがあるため実は奥深いのです。オンラインカジノでプレイされるオンラインルーレットには主に3種類のバリエーションがあります。皆さんがカジノでよく見かけるのはアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの二つが主流ですが、興味がある方は追加ルールのあるフレンチルーレットのことも知っておくとさらにルーレットの奥深さに触れることができます。

ルーレットのバリエーションとプレイできるカジノ

ヨーロピアンルーレット

ヨーロピアンルーレットとは00(ダブルゼロ)がなく、0(シングルゼロ)と1~36までの、合わせて37個のリールがあるルーレット。オンラインカジノでは、ヨーロピアンルーレットが主流。アメリカンルーレットに比べて賭ける対象が一個少ないため、ハウスエッジが若干低く、プレイヤーにとって有利となります。ヨーロピアンルーレットの必勝法はネイバーベット法と呼ばれ、プロのカジノディーラーにも推奨されています。経験者向けですが、ルーレットの結果の偏りを利用した効果的な攻略法です。ラッキーニッキでは、ヨーロピアンルーレット無料モードがあるので是非攻略法を実際に試して仕組みを理解していきましょう。

アメリカンルーレット

アメリカンルーレットは00(ダブルゼロ)と0(シングルゼロ)に1~36まで、合わせて38個のリールがあるルーレット。マカオやラスベガスのカジノはアメリカンルーレットが主流。アメリカンルーレット必勝法はシフトベット法で、ルールはヨーロピアンルーレットのネイバーベット法とほぼ同じです。00があることでヨーロピアンルーレットよりもベット対象が一つ多いのでハウスエッジが若干高くなります。

フレンチルーレット

フレンチルーレットとはヨーロピアンルーレットと同じシングルゼロと数字の合わせて37個のリールがあるルーレットですが、ルールが少し異なります。フレンチルーレットには、En prison(エンプリゾン)とLa partage(ラパルタージュ)という2種類の追加ルールがあります。エンプリゾンとは、シングルゼロに球が落ちると賭け金が保留され、次のラウンドに引き継がれることであり、ラパルタージュはシングルゼロに球が落ちると賭け金が半分返金されるというルールです。すでにお気づきのように、フレンチルーレットはプレイヤーにとって有利なルールが採用されているということになります。

カジノで使えるルーレット勝ち方

さて、ルーレットの基本について押さえたところで、メインテーマとなるルーレット勝ち方・必勝法について見ていきましょう。カジノルーレット必勝法の代表的なものには、ルーレットの赤黒・オッドイーブン・ハイローなど配当2倍、勝率50%の賭けに有効なマーチンゲール法、パーレー法(逆マーチンゲール法)、グランバーレー法、カラムベット、ダズンベットなど配当3倍に有効なモンテカルロ法、ココモ法、グッドマン法、バーネット法、ル一つの数字を中心に周りに花のようにチップを置いていくフラワーベット法などがあります。各必勝法の具体的なルールや注意点については、ネット上に多くの情報が溢れていますが、やはり実際にオンラインカジノで実践している熟練プレイヤーの例をもとに学ぶことが推奨されます。

ラッキーニッキールーレットで勝つためのヒント、戦略、ルール

ルーレットの必勝法をマスターするためのコツは、ずばり、自分に合う戦略を探して何度も実践して慣れることです。運次第と言われるルーレットですが、やはり有効性が実証された戦略を正しく活用すれば確実に勝率が上がります。ラッキーニッキのテーブルゲームでは、無料でもプレイも可能なので、まずはテーブルゲームでコンピューターを相手に戦略を実践して慣れ、ライブルーレットで本格的に勝利を狙いましょう!いくらギャンブルであるとはいえ、勝つために行ってきた努力はプレイヤーを裏切りません。

Coin
Coin
Chip
Dice